ロリどれい~アメリア~

販売数:459 評価:4.85(226)

お気に入り数:642 レビュー数:2 (レビューへ)

サークル名しましま亭 
販売日2021年01月25日
シリーズ名ロリどれい
イラストぴーす
声優分倍河原シホ
年齢指定18禁
作品形式ボイス・ASMR
ファイル形式MP3
ジャンル萌え 癒し ASMR ロリ 耳かき 手コキ 中出し 耳舐め
ファイル容量188.68MB
目次

作品内容

ーあらすじー
あなたは日々の疲れを癒すべく、家事全般をこなせる奴隷の少女を購入します。
しかし少女は緊張した様子で、無理やり感情を押し殺した素振りを見せます。
少女と和やかな日常を送りたいあなたは、物事を強要したり、罰を与えたりしないことを伝えながら、
深い関係性を築くことに――


ー収録内容ー

1.初めまして、アメリアと申します

「夜分遅くに失礼いたします
 初めまして。貴方が私を買われたご主人様ですね」

「この度は、私をお買い上げいただきありがとうございます
 既にご存じだとは思いますが、改めて自己紹介をさせていただきます」

「名前はアメリアと申します。今日からご主人様の奴隷となりますので
 気に入らなければお好きな名前に変えていただいても構いません」

「家事に関しては、基本的な教育を受けていますので
 料理や掃除、洗濯などは一通り行うことができます」

「教わっていない事でも学習して出来るようにしますので、
 ご希望などがありましたらお伺いさせていただきます」

(導入パート…8分50秒)


2.お詫びの耳かきをさせて頂きます

「ご主人様、失礼いたします。
 お飲み物をお持ちしましたので、よろしければ飲んで下さい」

「こちらに置けばよろしいですか? では、前を失礼して…きゃっ!」

「も、申し訳ございません! 食器を落としてしまいました…!
 すぐに破片を片づけて、濡れたお召し物の替えを持ってきます…!」

「もう同じ失敗はしませんのでお許し下さい…!
 反省してますので、殴るとか蹴るとか、痛いことだけは、どうか…!」

「分かったから落ち着け、と。すみません…取り乱しました」

「先ほどの言葉は忘れてください。
 ミスをした奴隷に罰を与えるのは、当然のことだと教わっています」

「ですから、ご主人様がお望みであれば、どのような罰でも受けさせて…
 …え? 罰は、与えない…んですか?」 

「ほ、本当によろしいのですか?
 奴隷教育を受けている時は、失敗をすると必ず罰を与えられましたが…」

「気が済まないなら代わりに耳かきをして欲しい…ですか?
 命令してもらえればなんでもしますが…それでいいのでしょうか」

(耳かきパート…13分01秒)


3.耳が弱いご主人様には…

「ここに来てから数日経ちましたが、ご主人様は添い寝以外の命令をあまりしませんね」

「無理やりはエッチなことをしたくないと言っていましたが、
 本当に何もしなくても大丈夫なのですか?」

「一緒にいたり、添い寝だけでも癒される、ですか。何となく、そんな気はしていました」
 ですが…こうやって囁かれたりするの、ご主人様お好きですよね?」

「添い寝の際に囁いた時など、いつもソワソワとしていますから、
 ご主人様の様子にも気づいておりました」

「ご主人様が優しくしてくれるのは嬉しいです。
 時々、自分が奴隷だということを忘れそうになるくらいです。でも…」

「もっと私としたいこととか…してほしいこと、あるんじゃないですか…?
 遠慮なんてしないでいいんですよ」

「別にそういうことをやるつもりはない、ですか…? 無理にやる必要もない、と…」

「ご主人様、奴隷として差し出がましいことを言ってもいいですか?
 私…ご主人様に色々としてあげたいんです。例えばこんな風に…ぺろっ…」

(耳舐めパート…21分20秒)


4.たくましく勃起して下さってますね

「ご主人様。ここ最近、毎日のように寝る前の耳舐めをしておりましたが
 これ以上のご奉仕は要求されないのでしょうか」

「どういう意味か、って…言うべきかどうかずっと迷ってたのですが
 耳舐めをすると毎回おちんぽが勃起していて、モジモジされていると思いまして」

「ご主人様は性的な行為に直結するような言動を避けていたので
 今までは気づかないフリをしていました」

「ですが、ご主人様の切なそうな顔を見ている内に、おちんぽへのご奉仕に関して
 私に言い出せないのではと思ったのです」

「我慢しないで下さい。普段の家事であろうと、夜のお世話であろうと
 ご主人様のご命令であれば、私はなんでも受け入れますので」

「そういうのは命令して無理にさせるつもりはない、と。
 では、私の意志でなら構わない、ということですね」

「勿論、嫌でしたらやめますので、して欲しくなければいつでも止めて下さい。
 では…ズボンを下ろさせて頂きます」

(手コキ、フェラパート…17分57秒)


5.恋人としてならエッチしてくれますか…?

「ご主人様。あの…私とセックスしたいって思いますか?
 どうして、って…普通にお誘いしてもご主人様は遠慮されるかもと思いまして」

「ご主人様との性行為は、奴隷にとって最も幸福な時間だと教わってきました。
 ですがそれは、あくまで奴隷としての心構えに過ぎません」

「私もご主人様の家に来るまでは、感情を押し殺して体を差し出そうと思ってました。
 人間としての感情は捨てて、奴隷として役目をまっとうしよう、と」

「でも今は、一人の女としてご主人様に初めてを捧げたいと思ってます。
 主としてではなく、男の人として大好きなご主人様に…」

「ご主人様も、私の容姿を気に入って買って下さったのですよね?
 ということは、私の体に欲情して貰えると思うのですが…ダメ、ですか?」

「立場を利用して要求するのは少し抵抗がある、と。
 では、あの、その…奴隷の身でこんな台詞を言うのはおこがましいですけど…
 こ、恋人としてなら…エッチしてくれますか?」

(セックスパート…12分58秒)


6.今日も可愛がって欲しいな♪

「ご主人様、今日のお仕事終わったよ。
 なに急に目を閉じてるんだ、って…頑張ったご褒美のチュー…してくれないの?」

「疲れたから今日はもう寝たい…? そっか…なら我慢する…おやすみ、ご主人様」

「え…? 今のは冗談…? もー、ご主人様の意地悪…
 じゃあ、チューしてくれる…? えへへ、やったぁ」

「あ、ご主人様はそのまま寝てていいよ。
 いつもみたいに私が上から被さって、ぜーんぶやってあげるから」

「ん、しょっと…もう何回もチューしてるけど…
 こうやって近くで見つめあってるとドキドキしちゃうね」

(セックスパート…15分14秒)


全パートKU100によるバイノーラル収録で、約89分20秒の収録時間です。


ー制作ー
企画・しましま亭

声優・分倍河原シホ様

イラスト・ぴーす様

ロリどれい~アメリア~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる